BLOGの移動先

BLOGの移動先

http://kabutocyo-meister.cocolog-nifty.com/

| | トラックバック (0)

4営業日ぶりに終値ベースで1万100円を割り込む

日経平均 10083円 -31円 出来高 18億8602万株

東証1部 値上がり716 値下がり799

東京株式市場

前場の日経平均はドル・円が82円を割り込むと、日経平均は下げ幅を拡大したが、ドル・円が持ち直すと、日経平均も下げ渋る。先物が断続的な買いを支えにプラス圏へ浮上すると、現物も前日終値に急接近する場面も。為替を睨みながら神経質な展開。

後場に入ると見送りムードが強いが、上海総合指数が底堅く推移、ドル・円は82円前後と弱
含み、日経平均はマイナス圏で神経質な展開。期末だがドレッシング買いの動きはみられなかった。4営業日ぶりに終値ベースで1万100円を割り込む。

ドル・円が82円を割り込んでも日経平均の下値は限られ、しっかりした展開。個人投資家が中心なので、全体の方向性がつかみづらかった。来週から名実ともに新年度入りとなるが、すぐに相場が本格的に動くとは考えにくく、しばらく焦点のボケた展開が続く。肝心なのは週末発表の米国の3月雇用統計。米国は弱い経済指標が目立っているため、ここで強い流れを取り戻せるかが注目。

新年度に入ってすぐに資金が動き出すということはないが、心理的には企業業績や復興需要への期待が膨らみやすくなる。スピード調整してからの新年度入りというのもやりやすい。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

| | トラックバック (0)

為替の円高基調に積極的になれす・・・・

日経平均 10114円 -67円 出来高は19億9809万株

東証1部 値上がり800 値下がり751

東京株式市場

前場の日経平均はNY株安を嫌気した売りが先行し、一巡後に下げ止まるが、為替の円高基調になると主力株を中心に売りたたかれ下げ幅を拡大。

後場に入ると手掛かり材料難の中で為替相場をにらみながら方向感の乏しい展開。先物への買いを支えに下げ渋る場面もあったが、為替の円高基調で輸出関連株を中心に戻りは鈍くなった。買い遅れている投資家も多く、下げているが底堅さもある。年度内1万円台を維持できれば御の字。

機関投資家が本格的に動けるのは4月に入ってから。明日は週末、月末、期末で、ドレッシング買い期待はあるが株価水準が高いため、実際には買うのかという疑問もあり、期待だけで終わる可能性も。基本的には調整局面であり、国内外で一服感が強まっている。

欧州でEU財務相理事会などイベントを控えるが、何か進展があれば好材料として消化され、相場を下押す材料にはならない。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

| | トラックバック (0)

配当落ち分を埋めきれず

日経平均 10182円 -72円 出来高19億6492万株

東証1部 値上がり457 値下がり1116

東京株式市場

前場の日経平均はNY株安を嫌気した売りが先行して、前日大幅高の反動で利益確定売りも出やすい。為替の円安基調で輸出関連株が底堅く推移したが、配当落ち日ということもあって、高配当銘柄を中心に戻りは限定的。

後場に入るとアジア株の下げを背景に、後場寄り直後は下げ幅を拡大。先物への断続的な買いを支えに下げ渋り、1万200円に迫ったが材料難で買いは続かなかった。戻りは限られ配当落ち分(市場推計は約88円)は埋め切れなかった。

本日から実質新年度相場になったが、海外勢は決算までこれまでと変わらないだろうし、国内勢も年金が動き出すのは月の半ば以降。週内の残り2日間は週末、月末、期末を前にしたドレッシング買い期待が膨らむ。

来週は米国の3月雇用統計の発表を控えており、積極的には動けない。ドレッシング買いで週内に震災前の水準を奪回できなければ、再来週以降になるかも。

シャープが台湾の鴻海精密工業との資本・業務提携を発表したことで、同業他社にも再編の
思惑が広がっている。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

| | トラックバック (0)

バーナンキFRB議長のコメントを好感

日経平均 10255円 +236円 出来高22億6636万株

東証1部 値上がりが1555 値下がり77

東京株式市場

前場の日経平均はバーナンキFRB議長の発言で金融緩和政策の『QE3』の期待で、NY株が上昇し、東京市場でも寄り付きから買いが入る。為替の円安基調も加わり、主力株を中心に上値を追った。ザラ場中としては昨年7月8日以来7カ月半ぶりに1万200円台を回復。

後場に入ると特に材料は見当たらなかったが、先物への断続的な買いが牽引した。配当取りの動きが支えになったとの見方もあるが、現物は輸出株の一角が上値を追ったほか、金融セクターが騰勢を強めた。

独のメルケル首相が基金拡充に前向きとの報道があり、欧州の財政問題にも安心感が強まった。新年度から輸出企業による円買い圧力も弱まり、ドル・円の上昇基調も強まる可能性が高い。輸出関連株にとっては追い風になる。

明日は配当落ち日で、市場推計では約87円とみられている。明日は落ち分を埋め切れるか否かが焦点となるが、200円高の翌日に90円程度の調整があっても不思議ではない。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

| | トラックバック (0)

週足チャートでは11週ぶりに陰線を形成

日経平均 10011円 -115円 出来高17億5962万株

東証1部 値上がり438 値下がり1097

東京株式市場

前場の日経平均は2月貿易収支は予想外の貿易黒字となり、欧米で弱い経済指標が相次いで為替が円高基調。NY株が下落したことも重しになって、幅広い銘柄に売りが先行したものの、ドル・円が82円台後半まで持ち直したこともあり、日経平均は1万円割れ目前に下げ止まる。

後場に入ると週末要因で様子見ムードが強まり、薄商いの中で安値圏でほぼ横ばい。戻りを試すような動きはみられず、大引けにかけては手仕舞い売りに押されてザラ場中に1万円を割り込む場面もあった。下値では買いを入れる投資家も多く、押し目買い意欲の根強い。

前日は中国や欧州では景気に対して懸念が強まったし、米国では住宅指標が弱かったが、新規失業保険申請件数が予想より少なく、景気の曲がり角と決め付ける材料とはいえない。

前日の貿易黒字がドル・円を一時的に押し下げているが、日銀の金融政策が為替のトレンドを形成しているので、更に円が上昇するという展開は想定しにくい。

日本企業もドル・円の80円割れを想定為替レートとしているため、いまの水準で警戒する必要もない。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

| | トラックバック (0)

円高基調でも堅調な相場展開

日経平均 10127円 +40円 出来高19億8491万株

東証1部 値上がり986 値下がり536

東京株式市場

前場の日経平均は寄り付き前に発表された2月の貿易統計が予想外の黒字で、為替が円高基調になり下落して始まる。円の上値が限られたため、輸出関連株が買い戻され切り返す。

後場に入ると中国の3月製造業購買担当者景況指数が予想を下回ったため、上海総合指数が弱含み、日経平均も上げ幅を縮小したが下値は限られた。商いが伸び悩み方向感の乏しい展開となったが、先物へのまとまった買いを支えに、大引けにかけて持ち直す。

日本の貿易統計に対する今晩の欧・米市場の反応を見極める必要もあるが、為替に動きがなければ底堅い相場展開。HSBCが取りまとめた中国の3月製造業購買部担当者景況指数は予想を下回ったが、日経平均は底堅く上値を抑える程度で、売り圧力を強める材料ではない。

先物への買いをきっかけに日経平均はプラスに転じるが、レンジ内の動きにとどまっており、さらに上値を追うような動きでもない。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

| | トラックバック (0)

中国の景気減速懸念を嫌気

日経平均 10086円 -55円 出来高21億1800万株

東証1部 値上がり357 値下がり1196 

東京株式市場

前場の日経平均はNY株の下落を背景に主力株が売られ、中国の成長率鈍化懸念が改めて嫌気されて中国関連株の下げが目立つ。下値は限られ押し目買いに支えられて下げ幅を縮小するが、上値を追う材料も乏しく小安い水準でもみ合い商状。

後場に入ると手掛かり材料難のなか、先物へのまとまった売りをきっかけに下げ幅を拡大した。追随する動きはみられず、下値は限定的だが、金融株を中心に戻りは鈍く安値圏で停滞した。終値べースで14日以来、1万100円割れ。

日・米とも中国の鉄鉱石需要の減退懸念が売り材料になったが、嫌気して売ったという感じは
しない。中国経済の急速なハードランディングの可能性は低く、むしろ景気が伸び悩むようなことになれば、更に緩和期待が膨らんでくる。

中国関連株は19日に大きく買われたものもあり、本日の下げ幅も利益確定売りの許容範囲内。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

| | トラックバック (0)

休日の谷間で薄商い

日経平均 10141円 +12円 出来高19億5109万株

東証1部 値上がり881 値下がり610

東京株式市場

前場の日経平均は買いが優勢となったが上値は限られ、為替の円高基調で下げ渋ると伸び悩んだが、売りの勢いも弱い。前場の値幅は30円47銭。休日の谷間で積極性は乏しく、売り買いともに見送りムード。

後場に入ると休日の谷間で薄商いで伸び悩み、小高い水準で方向感の乏しい展開。大引けにかけて手仕舞い売りに押されて上げ幅を縮めたがプラス圏を維持し、やや持ち直すなど底堅く推移。

期末接近に伴って機関投資家も手控えているため、祝日明けも商いが大幅に回復するということはない。相場の強さから思えば、下よりも上を試す可能性が高いもが、上昇ピッチの早さからも、年度内は日柄調整。

週内は米国で住宅関連指標が発表されるが、商いが低迷するようだと、相場を牽引する材料としては物足りない。4月上旬に集中する米国の3月雇用統計などが次のきっかけになる。

ここから上は企業業績をみないと積極的には行けないが、下では買いが並んでいるため値幅調整は難しい。年金や生損保の売りが続く年度内は日柄調整。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

| | トラックバック (0)

見送りムードで高値圏でもみ合い商状

日経平均 10129円 +6円 出来高22億4万株

東証1部  値上がり975 値下がり531

東京株式市場

前場の日経平均は為替が円高基調で輸出株の一角が売りに押され、小安い水準でもみ合い
商状。下値では買いが流入し日経平均は上げに転じたが、週末で積極性は乏しくマイナス圏へ押し返される。

後場に入ると下値では押し目買いが支えになったが、為替の円高基調と週末要因あって動意薄の展開が続く。アジア株も高安まちまちで推移したことも、方向感をつかみづらくする。売り買いともに見送りムードを強め、前日終値を挟んだもみ合いに終始。

昨年7月の戻り高値の水準は売り圧力も強まってくる。米国は雇用や消費と同様に重要な住宅関連指標が相次ぐ。FRBが景気の先行きに対して強気の姿勢を見せ始めているだけに、米経済指標は注目度が高い。

循環物色が続いており主力株の上値が重くても、材料株に資金をシフトしやすくなっている。相場を牽引しているのは輸出株に間違いないが、他のセクターも高値を取っている銘柄が目立っているため、安心感も強い。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧