« 日銀金融政策を睨みながら様子見ムード | トップページ | 終値ベースで10000円回復 »

先物の仕掛け的な売りで上値が重い

日経平均 9899円 +9円 出来高27億5641万株

東証1部 値上がり553 値下がり926

東京株式市場

前場の日経平均は日銀金融政策決定会合や、FOMCといった重要イベントを前に見送りムードが強まるなか、先物に断続的な買いが観測されると上げ基調を強め、ザラ場1万円台に乗せる場面も。日経平均に比べてTOPIXの上昇率は低く全体が強いわけではない。

後場に入ると日銀金融政策決定会合の結果公表後に円が対主要通貨で強含み、日経平均は上げ幅を縮小。日銀は被災地向けの貸し出し受付期限などを延長したが、政策金利などの金融政策は据え置き。

決定会合が午後2時すぎまでずれ込み、それまでにドル・円がジリ高で推移するなど、サプラ
イズを期待していた。米国はFOMCが開かれる為、バーナンキFRB議長のコメントで今後の実施をうかがわせるようなことになれば、ドル・円に与える影響も大きい。

重要イベントを前に基本的には様子見ムードの中で先物に仕掛け的な動きがみられ、それに動かされた格好。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 日銀金融政策を睨みながら様子見ムード | トップページ | 終値ベースで10000円回復 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/44477771

この記事へのトラックバック一覧です: 先物の仕掛け的な売りで上値が重い:

« 日銀金融政策を睨みながら様子見ムード | トップページ | 終値ベースで10000円回復 »