« 終値ベースで昨年8月4日以来、6カ月半ぶりに9500円台を回復。 | トップページ | 押した処は徹底的に強気で対処 »

押し目待ちに押し目なし

日経平均 9595円 +41円 出来高25億3666万株

東証1部 値上がり1073 値下がり456  

東京株式市場

前場の日経平均はNY株安を背景に利益確定売りが先行。フシ目の9500円に近づくと押し目買いが流入して下げ止まり、為替の円安基調もあり輸出関連株を中心に持ち直す。小安い水準でのもみ合いが続いたが、前引け直前にプラス圏へ浮上。

後場に入ると円高是正で輸出株が持ち直すなか、金融セクターへの買いの勢いも強まりジリ高。材料難の中で利益確定売りが上値を抑えるが、ザラ場中に9600円台乗せの場面も。

予想以上に下げない相場に買いが入ってきた。騰落レシオが140%台で、普通に考えれば調整が妥当だが、これまでも140%台を付けてからしばらくは上値を追う展開があった。為替の動き次第ではしっかりした展開が続く。

過熱感を指摘する声も少なくないが、日銀による追加金融緩和策の発表から築かれた環境は、まだ1週間しか経っていない。相場はまだ若くテクニカルが示すほど過熱感は無く、株を売る理由はない。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 終値ベースで昨年8月4日以来、6カ月半ぶりに9500円台を回復。 | トップページ | 押した処は徹底的に強気で対処 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/44233931

この記事へのトラックバック一覧です: 押し目待ちに押し目なし:

« 終値ベースで昨年8月4日以来、6カ月半ぶりに9500円台を回復。 | トップページ | 押した処は徹底的に強気で対処 »