« 押した処は徹底的に強気で対処 | トップページ | エルピーダの影響はなく、後場切り返す »

逆張り&押し目買いチャンス

日経平均 9633円 -13円 出来高24億9281万株

東証1部 値上がり793 値下がり730 

東京株式市場

前場の日経平均はドル・円が81円台・ユーロ・円が109円台をそれぞれ回復し、輸出関連株を中心に買いが先行。手掛かり材料難で短期的な過熱感も強く、ザラ場中に円が対主要通貨で下げ渋ると、9700円前後でもみ合い商状。

後場に入ると為替が円安基調で再び軟化したことから持ち直すがGLOBEXの米株価指数先物安も重しになり、上値の重さが意識されたこともあり、主力銘柄を中心に上げ幅を縮小。前週末の終値付近で下げ渋ったが、終値でプラスは維持できず。

今週はドル・円の方向を定める可能性が高い重要な米国の経済指標が相次いで発表される時期。これまで上値を取ってきたので、今週は一服の局面。

テクニカル的には過熱感がネックになるが、円が下落すれば更に上値を追っていく展開。G20財務相・中央銀行総裁会議では、IMFの資金枠の基盤強化の拡大が先送りされた格好となったが、前進すれば支援材料になったが、特に期待されていたわけではない。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 押した処は徹底的に強気で対処 | トップページ | エルピーダの影響はなく、後場切り返す »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/44284239

この記事へのトラックバック一覧です: 逆張り&押し目買いチャンス:

« 押した処は徹底的に強気で対処 | トップページ | エルピーダの影響はなく、後場切り返す »