« 旧正月でアジア市場が休場で個別銘柄に商いが集中。 | トップページ | 個別材料銘柄の押し目を狙え »

為替の円高基調で売られる

日経平均 8841円 -8円 出来高19億3788万株

東証1部 値上がり639 値下がり881

東京株式市場

前場の日経平均は短期的な過熱感から上値を追う動きはみられなかったが、先高期待の根強さから下値も限られ、前日終値を挟んで方向感の乏しい展開。香港ハンセン指数の上昇などが支えになり、前引けにかけて強含む。

後場に入ると円が対主要通貨で上げ基調を強めたため、輸出関連株を中心に弱含む場面もあったが、大引けにかけて買い戻され下げ幅を縮小。先高期待の根強さから下値の限られた展開。

円高はFRBによる超低金利政策の長期化も響いている。過度の円高進行には介入も予想され、ドル・円が75円台を試すようなことでもない限り、売り圧力は強まらない。

国内企業の決算発表は本格スタートしたばかりだが、現時点では見通しの下方修正などが目立つ。弱い決算ばかりになれば、買い上がるエネルギーも乏しくなる。

8900円近辺で日柄調整となれば、来週半ばにも25日移動平均線と75日線がゴールデンクロスを達成する。来週の米国では雇用統計など経済指標の発表も多く、NYダウがリーマン・ショック後の高値を回復してくれば、上値追いも勢いが付く。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 旧正月でアジア市場が休場で個別銘柄に商いが集中。 | トップページ | 個別材料銘柄の押し目を狙え »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/43891230

この記事へのトラックバック一覧です: 為替の円高基調で売られる:

« 旧正月でアジア市場が休場で個別銘柄に商いが集中。 | トップページ | 個別材料銘柄の押し目を狙え »