« 円高・ユーロ安が上値圧迫 | トップページ | 終値ベースでSQ値を上回る »

3連休を控え、先物主導の売りで下げる

日経平均 8390円 -98円 出来高15億4053万株

東証1部 値上がり354 値下がり1152

東京株式市場

前場の日経平均はユーロ・円の弱含みを重しに売りが先行。先物に大口の売りが観測されると下げ足を速める。国内は3連休を控えており、米国は雇用統計の発表前ということもあり、下値で買う動きも無い状態。

後場に入ると先物への大口の売りに押されて下値を模索した。特に悪材料は見当たらず、3連休を控えたポジション調整の売り。米国の2011年12月雇用統計の発表を控えていることや、ユーロ・円の停滞などで買い手控え気分も強く、ザラ場で下げ幅を140円近くまで拡大
する場面も。終値ベース4営業日ぶりに8400円を割り込む。

来週は欧州で国債入札やECB理事会を控える。今晩発表の米雇用統計が強い内容だったという前提で、来週は欧州債務問題を警戒したリスク・オフと、米国景気や企業業績の回復を期待したリスク・オンとが交錯する。

来週はECB理事会やイタリアなどの国債償還があり、欧州に目を向けざるを得ない。ユーロを売る材料には困らない状況にあり、上値の重い展開が続く。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 円高・ユーロ安が上値圧迫 | トップページ | 終値ベースでSQ値を上回る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/43643206

この記事へのトラックバック一覧です: 3連休を控え、先物主導の売りで下げる:

« 円高・ユーロ安が上値圧迫 | トップページ | 終値ベースでSQ値を上回る »