« 復興支援関連の内需銘柄が賑わう | トップページ | 仕手材料株相場 »

年末年始は仕手株で勝負

日経平均 8514円 +13円 出来高16億6391万株(SQ分3200万株)

東証1部 値上がり635 値下がり843

オプション11月物のSQ推定値は8542円82銭。

東京株式市場

前場の日経平均はNY株高を好感した買いが先行したが、薄商いで追随する動きはみられず上げ幅を縮小。マイナスに転じてザラ場としては10月6日以来約1カ月ぶりに8500円を割り込んむ。

後場に入るとアジア株高を支えに持ち直したが、外部環境の不透明感に加えて国内企業は業績の下方修正も目立ったため、押し目を拾う動きも出にくい。週末で手控えムードが強く膠着が強い。

最大の関心事となったイタリア国債は、投機的に売り込まれていた背景があり、一巡感が出れば落ち着きを取り戻す。14日にはイタリア国債の入札がある。無事に通過できれば市場の懸念も後退する。

前日に監理銘柄となった大王紙とオリンパスは売買が成立したが、寄り付いたからといって、市場に安心感を与えるようなものでない。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 復興支援関連の内需銘柄が賑わう | トップページ | 仕手材料株相場 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/42969712

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始は仕手株で勝負:

« 復興支援関連の内需銘柄が賑わう | トップページ | 仕手材料株相場 »