« 6営業日ぶりに大幅反発 | トップページ | 個別材料株の一本釣りで勝負 »

買い戻し主体の相場展開

日経平均 8477円 +190円 出来高15億6907万株

東証1部 値上がり1472 値下がり121

東京株式市場

前場の日経平均は欧・米株高や円高一服を好感した買いが先行、しかし、商いは伸び悩み買い一巡後は膠着商状。戻り売りに押されて上げ幅を縮める。輸出関連株を中心に戻りを試す。

後場に入ると先物への断続的な買いを支えにジリ高歩調。アジア株も底堅く推移したため、戻りを試す動きが強まった。終値ベースで17日以来、8400円台を回復。買い材料に飢えていたところもあり、買いが入りやすかった。

IMFによるイタリアへの支援も否定されており、この分も上値を抑える要因となっている。今晩はユーロ圏財務相会合が開かれるが、その場で前向きな発言が出てきたり、市場が評価できるか注目。

米国や中国では重要な経済指標の発表を控えるが、最近は米国の経済指標に対する反応が鈍い。今晩のユーロ圏財務相会合で、欧州債務問題に対する前向きな話が出てくれば、これらにも目が向きやすい。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 6営業日ぶりに大幅反発 | トップページ | 個別材料株の一本釣りで勝負 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/43189761

この記事へのトラックバック一覧です: 買い戻し主体の相場展開:

« 6営業日ぶりに大幅反発 | トップページ | 個別材料株の一本釣りで勝負 »