« 年末相場は個別仕手株で勝負 | トップページ | 終値ベースで09年3月31日以来の8100円台 »

連日で終値ベースの年初来安値を更新

日経平均 8314円 -33円 出来高15億1085万株

東証1部 値上がり857 値下がり643

東京株式市場

前場の日経平均は売り一巡後に下げ幅を縮小。ザラ場8300円を割り込んだが、安値を切り下げた銘柄には買い戻しや、値ごろ感からの買いも入って下値は限られた。ドル・円が77円台前半まで急上昇するなど円が対主要通貨で急落すると、日経平均はプラス圏へ浮上。年初来安値を更新していた銘柄が多く、こうした銘柄が持ち直したため、日経平均の下値も限られた。

後場に入ると8300円台を割り込むと売りの勢いは衰えたが、明日の祝日を挟むため買いの積極性も乏しく、戻りの限られた展開が続く。中国株の軟調推移や円の下げ渋りが重し。

国内市場では主力株でも安値を切り下げた銘柄が持ち直しており、売られ過ぎとの認識も強い。二番底期待もあり3月15日に付けた取引時間中の年初来安値を更新しなかったことは大きい。国内では当局による買い支えに対する警戒感。円の下落が日本株の支えになっているが、介入との見方はないため、弱含む可能性はある。

米国が財政赤字削減策の合意に至らなかったにもかかわらず、S&Pが米国債の格付けには影響しないとしたことも安心感に繋がる。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 年末相場は個別仕手株で勝負 | トップページ | 終値ベースで09年3月31日以来の8100円台 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/43103930

この記事へのトラックバック一覧です: 連日で終値ベースの年初来安値を更新:

« 年末相場は個別仕手株で勝負 | トップページ | 終値ベースで09年3月31日以来の8100円台 »