« 終値ベースで9月16日以来、8800円台を回復 | トップページ | 高値圏でもみ合い商状 »

大引けベースでSQ値を上回れず

日経平均 8747円 -75円 出来高15億6172万株(SQ分は概算で1億4900万株)

東証1部 値上がり201 値下がり1384

東京株式市場

SQ推定値は8799円42銭

前場の日経平均はNYダウや欧州株の下げを嫌気し、先物への断続的な売りに押されてジリ安で推移し、前日の上昇分を帳消しにする場面も。

後場に入ると中国の9月CPIは予想を下回ったが、中国株は日本株と同様に足元で戻りを試していたため、出尽くし感が強まったという。アジア株の下げが重しになり、戻りの鈍い展開が続いた。

欧州も危機的な状況は回避できたし、相場の雰囲気も変わりつつある。経済指標も予想を上回るものが多い。相場はSQ推定値を下回る水準で推移したが、25日移動平均線を上回っており、チャートとしては格好が良い。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 終値ベースで9月16日以来、8800円台を回復 | トップページ | 高値圏でもみ合い商状 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/42510679

この記事へのトラックバック一覧です: 大引けベースでSQ値を上回れず:

« 終値ベースで9月16日以来、8800円台を回復 | トップページ | 高値圏でもみ合い商状 »