« 大引けベースでSQ値を上回れず | トップページ | 薄商いの閑散相場 »

高値圏でもみ合い商状

日経平均 8879円 +131円 出来高14億5314万株

東証1部 値上がり1368 値下がり211

東京株式市場

前場の日経平均は欧・米株高を好感した買いが先行したが、一巡後は上値が重い展開。ザラ場中としては9月2日以来約1カ月半ぶりに8900円台を回復。戻り売りに押し返され、円が対主要通貨で下げ渋る場面では、日経平均も上げ幅を縮めた。

後場に入ると高値圏で膠着商状で8900円台を試す場面があったが、薄商いで全体的に動意は乏しく、円が対主要通貨で下げ渋ると上値が重くなった。

戻りを試す展開になっているが、買い戻しが中心で依然として疑心暗鬼。今週から米国で決算発表が本格化するが、景気そのものは悪いわけではない。悪い内容でなければ、売られることはない。日経平均は9000円を試す展開になれるか否かが焦点。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 大引けベースでSQ値を上回れず | トップページ | 薄商いの閑散相場 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/42556313

この記事へのトラックバック一覧です: 高値圏でもみ合い商状:

« 大引けベースでSQ値を上回れず | トップページ | 薄商いの閑散相場 »