« 終値ベースで9月30日以来、8600円台を回復 | トップページ | スベロキア議会の否決や米国アルコアの決算を嫌気 »

終値ベースで9月30日以来、8700円台を回復

日経平均 8773円 +168円 出来高15億6644万株

東証1部 値上がり1272 値下がり315

東京株式市場

前場の日経平均は欧米株高を好感し、主力銘柄を中心に買い戻しが先行。ユーロ・円の円安基調の上昇も支えになった。独仏首脳が金融機関の資本強化策を打ち出すことを明らかにし、欧州債務問題の進展期待が膨らんだ。ザラ場としては9月16日以来約3週間ぶりに8800円台を回復。

後場に入ると手掛かり材料に乏しく高値圏で膠着商状。アジア株高が支えになった一方、心理的フシ目の8800円を手前に、戻り待ちの売りが上値を抑える。今晩の欧州でスロバキア議会による欧州金融安定化基金の機能拡充の採決を控え、見送りムードも強い。

日経平均、TOPIXとも25日移動平均線を上回ったが、不透明要因が多く商いも伸び悩んでいるため、果たしてこの水準が下値メドとして意識される。スロバキアが否決すれば、相場も荒れてくるだろうが、無事に可決して金融機関の資本注入の話も進展がみられるようなら、米国の企業決算に目が向かう。

金融機関への資本増強により、被害の拡大を最小限に防ぐのは市場が求めている対策と方向性が同じ。売り込まれていたので買い戻しが加速し。

本日はスロバキア議会が欧州金融安定化基金機能拡充の採決を控える。スロバキアが可決してくれれば一安心ではあるが、株価については戻り売りも意識される。下値では買い戻しが流入するとみられるため、週内は日経平均で9000円が意識される展開。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 終値ベースで9月30日以来、8600円台を回復 | トップページ | スベロキア議会の否決や米国アルコアの決算を嫌気 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/42440940

この記事へのトラックバック一覧です: 終値ベースで9月30日以来、8700円台を回復:

« 終値ベースで9月30日以来、8600円台を回復 | トップページ | スベロキア議会の否決や米国アルコアの決算を嫌気 »