« 終値ベースで9月1日以来9000円台回復 | トップページ | 終値ベースで4営業日ぶりに8900円を割り込む »

政府・日銀が円売り介入

日経平均 8988円 -62円 出来高17億7912万株 

東証1部 値上がり560 値下がり956

東京株式市場

前場の日経平均は利益確定売りに押されて9000円台前半でもみ合っていたが、午前10時30分ごろ政府・日銀による円売り介入により、ドル・円が78円台後半まで上昇すると、日経
平均は約2カ月ぶりに9100円台を回復。その後、ドル・円が伸び悩むと日経平均も上げ幅を縮小。

後場に入ると11月1-2日のFOMCや、週末の米国10月雇用統計の発表を前に、円高への警戒感があり、アジア株安を重しにマイナス圏へ押し返される。ドル・円が79円台前半で膠着するなか、小安い水準でもみ合ったが、大引けにかけて先物への断続的な売りに押されて下げ基調。

海外での現地生産で円高への対応も進み、株式市場は復興関連銘柄を手掛けようとしていた矢先の円売り介入。自発的な相場が期待されたが、介入によって乱されてしまい、説明のつかない展開になった。復興関連企業は恩恵があると分かっている分野。

このタイミングでの円売り介入はサプライズ。これでいったん薄れていた介入への警戒感も再燃し、しばらくドル・円の下値も限られてくる。欧州債務問題の進展次第でユーロが信頼を取り戻せれば、円だけが安全資産という見方も後退する。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 終値ベースで9月1日以来9000円台回復 | トップページ | 終値ベースで4営業日ぶりに8900円を割り込む »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/42774555

この記事へのトラックバック一覧です: 政府・日銀が円売り介入:

« 終値ベースで9月1日以来9000円台回復 | トップページ | 終値ベースで4営業日ぶりに8900円を割り込む »