« 閑散に売りなし | トップページ | 円高基調で上値を抑えられる »

円高基調を嫌気

日経平均 8762円 -81円 出来高14億3868万株

東証1部 値上がり367 値下がり1188

東京株式市場

前場の日経平均ははNY株高を好感した買いが先行したが、一巡後は上値の重さが意識されて売りに傾く。円高基調が嫌気されているという。8800円に接近すると下げ止まったが、戻りは鈍い。

後場に入ると円高基調を嫌気して弱含みで推移。午後2時すぎに日経平均寄与度の高いファナックが決算発表をきっかけに下落すると、売りが加速。日経平均の下げ幅は一時90円に迫った。

QE3(米国・量的金融緩和第3弾)の話が出始め、資源や円の先高感が強まっている。NYダウは1万2000ドルを奪回する勢いだが、日経平均は9000円にまだ遠い。9000円を抜けられない間は上値の重い展開が続く。26日のEU首脳会議を前にポジション調整の動きもみられた。

追加金融緩和の話も出始めている。更なる円高が進む可能性が警戒されている。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 閑散に売りなし | トップページ | 円高基調で上値を抑えられる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/42675065

この記事へのトラックバック一覧です: 円高基調を嫌気:

« 閑散に売りなし | トップページ | 円高基調で上値を抑えられる »