« 23日のEU首脳会談まで様子見ムード | トップページ | 閑散に売りなし »

売買代金は今年最低を記録

日経平均 8678円 -3円 出来高13億1969万株。

東証1部 値上がり628 値下がり847

東京株式市場

前場の日経平均は手掛かり材料難で動意は乏しく、前日終値を挟んで方向感の定まらない展開。25日移動平均線に接近したことで持ち直し、プラス圏へ浮上したが上値も限定的。

後場に入ると先物への断続的な売りに前場の安値を下回ったが、25日移動平均線が意識されて下げ止まる。週末のEU首脳会議などイベントを控えて様子見ムードが強い。売買代金は7755億円と今年最低を記録。

海外勢の売りが細っていることが薄商いの要因でもあり、テクニカル面、需給面からみても、下値は限定的といえる。23日のEU首脳会議で好材料が出てくる可能性は低く、ドイツとフランスが26日の共同声明の内容がポイント。

25日線を下値支持線として意識している一方で、一目均衡表の『雲』を上値抵抗帯として意識。23日のEU首脳会議、26日の独仏による共同声明が出てくるまでは動きい。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 23日のEU首脳会談まで様子見ムード | トップページ | 閑散に売りなし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/42621249

この記事へのトラックバック一覧です: 売買代金は今年最低を記録:

« 23日のEU首脳会談まで様子見ムード | トップページ | 閑散に売りなし »