« GLOBEX安とアジア市場安を嫌気 | トップページ | オバマ大統領の演説とバーナンキ講演前に様子見 »

先物主導で買い戻される

日経平均 8763円 +172円 出来高17億5971万株

東証1部 値上がり1185 値下がり342

東京株式市場

前場の日経平均はスイス国立銀行のフラン売り介入の影響でドル・円が77円台半ばまで上昇したことを受けて、これまで下げのきつかった主力株が買い戻された。欧州債務問題に進展はなく、景気減速懸念も払拭されていないことから、追加の手掛かり材料難で買い一巡後は膠着商状。

後場に入ると日銀が政策金利を据え置き、追加の金融緩和も見送ったため、ドル・円は伸び悩んだが、株式市場の反応は薄い。GLOBEXは米株価指数先物が上昇しアジア株も堅調に推移したため、日経平均は先物主導で上げ幅を拡大。

買い戻しが主体で商いは薄く、閑散に売りなし。オバマ米大統領の景気・雇用対策の規模が総額3000億ドルにのぼると報じられている。少しは期待しているのかもしれない。

ドル・円の円安基調が主力株への買い戻しを加速させた見方はあるが、その前日の米国株が想定よりも下げなかったことも買いを強めた。オバマ米大統領や、バーナンキFRB議長の講演を控えている。米国の10年債が過去最低の1.92%まで低下したのは、追加の金融緩和を期待したもの。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« GLOBEX安とアジア市場安を嫌気 | トップページ | オバマ大統領の演説とバーナンキ講演前に様子見 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/41554644

この記事へのトラックバック一覧です: 先物主導で買い戻される:

« GLOBEX安とアジア市場安を嫌気 | トップページ | オバマ大統領の演説とバーナンキ講演前に様子見 »