« 個別材料物色で勝負 | トップページ | アジア市場の反発で切り返す »

景気減速懸念で世界同時株安

日経平均 8719円 -224円 出来高20億4704万株

東証1部 値上がり241 値下がり1324 

東京株式市場

前場の日経平均は欧米株の急落を受けて売りが先行し、主力株が年初来安値を更新。日経平均はザラ場200円超安を付け下げ止まったが戻りは限定的。

後場に入ると日銀によるETF買い入れ思惑もあって下げ幅を縮める場面もあったが、午後2時36分ごろに東北地方で発生した地震に先物売りが加速。週末で積極性は乏しく、安値圏で停滞した。

海外は金融不安や景気減速懸念があるが、国内は復興需要や景気の持ち直しなど環境は
悪くない。世界情勢を考慮すれば、相場の牽引役の輸出関連株が売られてしまうのは仕方ない。

来週は26日にバーナンキFRB議長の講演が控えており、QE3に対する期待感が強まる。

欧米の株が下落したので日経平均の下げは当然だが、中身をみるとコア30の多くがリーマン・ショック後の水準まで下げているのに、買い戻しが入ってこないという異常事態。これは下げ幅200円程度の相場ではない。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 個別材料物色で勝負 | トップページ | アジア市場の反発で切り返す »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/41277076

この記事へのトラックバック一覧です: 景気減速懸念で世界同時株安:

» FX自動売買システム 凄楽FX [お金のなる木]
FX自動売買システム凄楽FX インフォトップの総合ランキングで1位獲得です... [続きを読む]

受信: 2011年8月20日 (土) 08時46分

« 個別材料物色で勝負 | トップページ | アジア市場の反発で切り返す »