« 米国の債務上限問題を嫌気 | トップページ | 米国債務上限問題による円高傾向で個別物色の流れ »

買い戻しで切り返す

日経平均 10097円 +47円 出来高16億4113万株

東証1部 値上がり939 値下がり543

東京株式市場

前場の日経平均はオバマ米大統領の演説に対する期待感から買いが先行したが、日本時間の午前10時から始まった演説を材料視する動きは目立たず、ドル・円が78円を割り込むと下げに転じた。

後場に入ると香港ハンセン指数などアジア市場が上昇、先物への断続的な買いを支えに上げ幅を拡大。ドル・円は乱調展開が続いたが、ユーロ・円が落ち着きを取り戻したため、主力株を中心に堅調に推移。

午前中にドル・円が77円台に突入したときに売り仕掛けがみられたが、株価が底堅く推移したため買い戻しが流入。

ドル・円の為替が78円台を割り込んだため、介入も警戒されてくるだろう。主体的に動けない
日本市場としては、演説を受けた今晩のNY市場の反応を見てから。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 米国の債務上限問題を嫌気 | トップページ | 米国債務上限問題による円高傾向で個別物色の流れ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/40964827

この記事へのトラックバック一覧です: 買い戻しで切り返す:

« 米国の債務上限問題を嫌気 | トップページ | 米国債務上限問題による円高傾向で個別物色の流れ »