« 終値ベースで200日移動平均線越え | トップページ | 大震災後、初の6連騰 »

2カ月ぶりに日経平均はザラ場10000円回復!!

日経平均 9965円 +97円 出来高18億8129万株

東証1部 値上がり1256 値下がり315

東京株式市場

前場の日経平均はNY株高を好感と、6月のISM製造業景気指数が予想を上回ったことなどが材料で買い先行で始まり、ザラ場1万円に迫ったものの、追加の手掛かり材料は乏しく、週初ということで商いが伸び悩むなか、買い一巡後は膠着商状。

後場に入るとアジア株の上昇を背景に上げ幅を拡大し、ザラ場としては5月2日以来、1万円の大台を回復した。今晩のNY休場を前に商いは伸び悩み大台回復の達成感もあって、大引けにかけて伸び悩む。

週前半は前週までの地合いを引き継いでしっかりした展開になりそうだが、週後半からは米6月雇用統計の発表などを前に上値が重い。

米国、欧州、中国と外部環境は徐々に改善しているが、日経平均1万円のさらに上を試すには、材料も商いも物足りない。

週末には米6月雇用統計の発表を控えており、一本調子で買っていくような状況ではない。週末にはオプションSQの算出も控えているため、仕掛け的な動きがみられる可能性もあるので要注意。週内は上値が重いとみられる一方で下値不安もない。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 終値ベースで200日移動平均線越え | トップページ | 大震災後、初の6連騰 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/40671468

この記事へのトラックバック一覧です: 2カ月ぶりに日経平均はザラ場10000円回復!!:

« 終値ベースで200日移動平均線越え | トップページ | 大震災後、初の6連騰 »