« 週末のメシャーSQを控え様子見 | トップページ | 終値でSQ値を下回る »

先物主導で切り返す

日経平均 9467円 +17円 出来高18億5974万株

東証1部 値上がり647 値下がり805

東京株式市場

前場の日経平均はNY株安や円高進行を嫌気した売りが先行したが、割安感が意識され9400円割れの水準で下げ止り、為替が円安基調に戻すと、日経平均も下げ幅を縮小。

後場に入ると先物主導で持ち直し、日経平均はプラス圏へ浮上。金融セクターの戻りが鈍いこともあり、TOPIXは前日比1.50ポイント安い812.95ポイントと3日ぶりに反落。9400円を割り込むと売りたたく環境にないとの見方もあって売り圧力は弱まり、
下げ止まった。

米国の景気減速懸念・欧州財政・為替など懸念は多いが、企業業績は改善方向にあるため、割安感が支えになっている。トヨタが業績予想を開示する見通しだが、当初描いていたシナリオより回復が早い。第1四半期が悪いというのは織り込み済みで、下期以降に持ち直せるようなら週明け以降の材料。

9400円が意識され売りづらいが、積極的に買いあがる動きはなく、様子見になっている。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 週末のメシャーSQを控え様子見 | トップページ | 終値でSQ値を下回る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/40328425

この記事へのトラックバック一覧です: 先物主導で切り返す:

« 週末のメシャーSQを控え様子見 | トップページ | 終値でSQ値を下回る »