« 終値ベースで2カ月半ぶりに9400円を割り込む | トップページ | 週末のメシャーSQを控え様子見 »

先物の買い戻しで切り返す

日経平均 9442円 +62円 出来高17億5826万株

東証1部 値上がり1086 値下がり407

東京株式市場

前場の日経平均はPBR1倍割れで割安感を意識した買いが下値を支え、ザラ場9400円台を回復する場面もみられたが、手掛かり材料難で上値は重く方向感の乏しい展開。

後場に入ると手掛かり材料難で積極性は乏しかったが、先物への断続的な買いを支えに持ち直しの動き。前日に目先の下値メドとされる9400円を割り込んだことで、割安感が意識された。

先物に買い戻しが入っただけに過ぎないかもしれないが、PBR1倍で持ちこたえられたのは大きい。売り叩いても底堅いという意識が高まる。

足元では米国の景気減速懸念が強まっており、FRBが景気認識を変えてくる可能性も高い。
QE2終了後の景気対策にも期待が高まる。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

Sponsored Link

|

« 終値ベースで2カ月半ぶりに9400円を割り込む | トップページ | 週末のメシャーSQを控え様子見 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/40300276

この記事へのトラックバック一覧です: 先物の買い戻しで切り返す:

« 終値ベースで2カ月半ぶりに9400円を割り込む | トップページ | 週末のメシャーSQを控え様子見 »