« 政局不安で様子見ムード | トップページ | 終値ベースで2カ月半ぶりに9400円を割り込む »

米国の雇用統計を控えて様子見

日経平均 9492円 -62円 出来高16億6641万株

東証1部 値上がり179 値下がり1413

東京株式市場

前場の日経平均は今晩の米国の5月雇用統計の発表を控えており様子見ムードが強まった。買いが優勢となる場面ではザラ場9600円台を回復したが、前日終値を挟んでもみ合いで、方向感の乏しい展開。

後場に入ると週末要因もあって手じまいに押され、米国5月雇用統計の発表を前に買い手控えムードも広がってジリ安商状。フシ目割れの水準では買いも入ったが、短期筋中心の相場に方向感は乏しく戻りは鈍い。

米国5月雇用統計の発表前を意識して、主力株を積極的に手掛けるような動きはみられず、値動きのよい個別の材料銘柄を中心に物色。

中国は週明け6日が端午節で休場。連休に絡めて利上げに踏み切ることが多かったので警戒だ。又、中国の格付け会社が日本国債の格付け見通しを引き下げ。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 政局不安で様子見ムード | トップページ | 終値ベースで2カ月半ぶりに9400円を割り込む »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/40246281

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の雇用統計を控えて様子見:

« 政局不安で様子見ムード | トップページ | 終値ベースで2カ月半ぶりに9400円を割り込む »