« 終値ベースで1日以来、25日移動平均線を上回る | トップページ | ギリシャ財務問題で様子見ムード »

欧州財政懸念が再燃

日経平均 9411円 -163円 出来高17億9285万株 

東証1部 値上がり233 値下がり1345

東京株式市場

前場の日経平均はNY株安を嫌気した売りが先行し、ザラ場100円超安を付けたが売り叩く動きには発展せず下げ止まるが、買い材料難で戻りも鈍い。徐々に下値が切り上がっているが、積極的な買いではない。底堅さが意識されて買い戻しが入っているだけ。

後場に入ると安値圏で底堅く推移していたが、ユーロが対主要通貨で下げ基調を強めると、リスク回避の動きが加速し、日経平均も下値を模索。オランダ中央銀行総裁が、EU救済基金を2倍にする必要があると発言でユーロ安を招く。

ギリシャ問題は朝からのテーマだったので、欧州で財政問題が尾を引くとの見方が強まってしまった。欧州市場への注目度が増す。米国の景気減速懸念が後退してこないと、戻りは試せない。

ECB理事会のメンバーの一人がEU救済基金を2倍に増やす必要があると発言、ユーロが一段安となり、ギリシャ問題を抱えるだけに、リスク回避の動き。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 終値ベースで1日以来、25日移動平均線を上回る | トップページ | ギリシャ財務問題で様子見ムード »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/40419728

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州財政懸念が再燃:

« 終値ベースで1日以来、25日移動平均線を上回る | トップページ | ギリシャ財務問題で様子見ムード »