« 4月8日以来、9800円台を回復 | トップページ | 米国の雇用統計を控え様子見 »

東日本大震災直後の日経平均1万円台を回復

日経平均 10004円 +154円 出来高18億3403万株 

東証1部 値上がり1365 値下がり225

東京株式市場

アルカイダのビンラディン容疑者の死亡が伝わり相場は一段高。

前場の日経平均は前週末の欧米株高を好感した買いが先行した、ザラ場120円超高を付けたが、東京市場はGWの谷間ということもあって積極的な買いは乏しく、買い一巡後は高値圏でもみ合い商状で推移。

後場の日経平均はアルカイダ指導者のビンラディン容疑者の死亡が伝わり、GLOBEXで米株価指数先物が急上昇し、日経平均も上げ幅を広げた。連休の谷間ということもあって1万円を挟んでもみ合いが続いたが、終値ベースで大台を維持。東日本大震災3月14日以降、終値で1万円台を回復するのは初。

NYダウも手掛かり材料が乏しくなりはじめたところで、リスク許容度の拡大につながれば、ビンラディン死亡報道は上値を追うきっかけになる。期待先行ではあるが、直接的な影響は防衛費の負担減や、原油価格の下落などが予想される。

きょうの相場は震災発生から堅調に推移していた銘柄が売られ、逆に下値を模索してきた銘柄が買われているポジション調整が主体。日経平均が1万円台を回復するには、東電株主の責任をはっきりさせることや、大規模補正などの材料が必要。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 4月8日以来、9800円台を回復 | トップページ | 米国の雇用統計を控え様子見 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/39836592

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災直後の日経平均1万円台を回復:

« 4月8日以来、9800円台を回復 | トップページ | 米国の雇用統計を控え様子見 »