« 終値ベースで3営業日ぶりに200日移動平均線を割り込む | トップページ | 主力銘柄の決算発表前で様子見ムード »

トヨタの生産前倒しを受けて切り返す

日経平均 9818円 +24 出来高19億970万株

東証1部 値上がり932 値下がり589

東京株式市場

前場の日経平均はNY株高を好感した買いが先行したが、為替が円高基調で推移して、上値は限られた。材料難で商いが伸び悩むなか、先物に断続的な売りが観測されると下げに転じる。

後場に入るとドル・円の下げ渋りを反映してプラス圏に浮上。膠着商状を強めたが、午後2時過ぎにトヨタが生産正常化を2-3カ月前倒しするとの報道を受けて自動車関連株が急上昇すると、日経平均は切り返しす。

トヨタの生産正常化は、これまで会社側が目標としていた11月が、実際に2-3カ月の前倒しとなればポジティブサプライズ。トヨタの決算説明会は注目。浜岡原発停止の影響が気掛かりになっていたこともあり、インパクトは大きい。

企業の決算発表は週末にピークを迎える。一般的に決算発表のシーズンは方向感が出にくい。SQ算出を控えており、先物への売りが目立つ。週内は個別株物色の様相が強い。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 終値ベースで3営業日ぶりに200日移動平均線を割り込む | トップページ | 主力銘柄の決算発表前で様子見ムード »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/39935619

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタの生産前倒しを受けて切り返す:

« 終値ベースで3営業日ぶりに200日移動平均線を割り込む | トップページ | 主力銘柄の決算発表前で様子見ムード »