« 今年最低の出来高 | トップページ | 政局不安で様子見ムード »

円安を背景に輸出関連銘柄が切り返す

日経平均 9693円 +188円 出来高22億9177万株

東証1部 値上がり1342 値下がり203

東京株式市場

ムーディーズの日本の国債格付けを引き下げる方向で見直し

前場の日経平均は寄り付き後は売りが先行したが、9500円割れで押し目買いが入り、切り返しの動き。方向感のない薄商いで膠着感を強めたが、先物へのまとまった買いが観測されると上値追いの展開。

後場に入ると為替の円安基調を背景に輸出関連銘柄が上げ基調、日経平均はジリ高で推移。格付け会社ムーディーズが日本の国債格付けを引き下げ方向で見直すと発表したことが円売りを招く。

鉱工業生産の強気見通しやギリシャ財政問題の懸念後退に加えて、ムーディーズの発表を受けた円安と複数の好材料が重なった。

寄り付き前発表の4月鉱工業生産で先行きに期待が膨らんだことや、ユーロ高、GLOBEXでの米国の株価指数先物高などが背景にあるが、出来高を伴っておらず先物主導。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 今年最低の出来高 | トップページ | 政局不安で様子見ムード »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/40204810

この記事へのトラックバック一覧です: 円安を背景に輸出関連銘柄が切り返す:

« 今年最低の出来高 | トップページ | 政局不安で様子見ムード »