« 復興支援関連銘柄の短期勝負 | トップページ | アルコアの決算を控えて様子見 »

東日本震大災後、初めて終値で25日移動平均線を上回る

日経平均 9768円 +177円 出来高 27億9234万株

東証1部 値上がり1357 値下がり224

東京株式市場

日経平均のSQ推定値 9612円51銭。

前場の日経平均は朝安後は先物への買い戻しを支えに下げ幅を縮小したが、材料難で前日終値を挟んで小動き。前引けにかけて為替の円安基調になり輸出関連銘柄を中心に持ち直しの動き。

後場に入るとGLOBEXで米株価指数先物高を背景に、先物主導で一段高となった。日経平均は上げ幅を一時200円超に拡大。ETF(上場投信)の買いを指摘する声もあり、東日本震大災後、初めて終値で25日移動平均線を上回る。

オバマ大統領の記者会見や、東電株の急上昇などが材料として考えられるが、いずれも明確ではない。更に上昇するには景気に対する楽観論が出て来ないとダメだ。その為には、福島第一原発の事故処理の収束が必要。

NY市場は下落したが長期的にみれば上昇トレンドが続くとの見方が強い。日銀によるETF(上場投信)買い入れなどが功を奏しており、下値では意識されやすくなっている。

|

« 復興支援関連銘柄の短期勝負 | トップページ | アルコアの決算を控えて様子見 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/39534975

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本震大災後、初めて終値で25日移動平均線を上回る:

« 復興支援関連銘柄の短期勝負 | トップページ | アルコアの決算を控えて様子見 »