« 225先物売りに下げ幅拡大 | トップページ | メジャーSQを意識した先物の売買の動き »

中東情勢やメジャーSQを控え様子見

日経平均 10525円 +20円 出来高21億7708万株

東証1部 値上がり539 値下がり927 

東京株式市場

前場の日経平均はいったん前日終値付近まで上げ幅を縮小。時間外取引で原油価格の上
昇が一服したこともあり、先物への断続的な買いを支えに持ち直す。カラ売りの多かった銘柄が買い戻され、買われ過ぎていた銘柄が売られているだけで、目先的なポジション調整が主体。

後場の手掛かり材料が乏しく方向感の乏しい展開が続き、戻りの鈍さが嫌気されて上げ幅を
縮小。日経平均は辛うじてプラス圏を維持したが、TOPIXは下げに転じる。期末が近いことから上値は追えないが、ここから下押すような売りも出にくい。

日経平均1万500円は居心地のよい水準。週末にはメジャーSQ算出も控えており、中東情勢が落ち着きをみせるなどの材料がないと、大きな動きは期待できない。現在の水準でもみ合いが続く可能性が高い。

メジャーSQが通過する週末か期末に伴う持ち合い解消売りなどが一巡する、来週末あたりが相場の転換期に。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 225先物売りに下げ幅拡大 | トップページ | メジャーSQを意識した先物の売買の動き »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/39152652

この記事へのトラックバック一覧です: 中東情勢やメジャーSQを控え様子見:

« 225先物売りに下げ幅拡大 | トップページ | メジャーSQを意識した先物の売買の動き »