« 復興関連の個別銘柄は活況 | トップページ | 原発の状況を睨みながらの売買動向 »

週末要因で手仕舞い売りに押される

日経平均 9536円 出来高 31億5464万株

東証1部 値上がり922 値下がり638

東京株式市場

前場の日経平均はNY株高を好感した買いが先行しが、福島第一原発の問題など不透明要因が多く、週末要因もあって買い一巡後は伸び悩む。

後場に入ると福島第一原発3号機の原子炉損壊の可能性や、放射能漏れが報じられ週末要因も重なり利食い売りが加速し、日経平均は上げ幅を縮小。大引けにかけて買い戻され持ち直しの動きとなった。放射能漏れもあるがEU首脳会議でポルトガルの問題も懸念されている。

これまで海外勢が買っていたことからも、問題になっている福島第一原発で悪化がみられた場合でも、すぐに15日の安値を意識することにはならないとみている。

9559円が半値戻しの水準にあり、値を固める動きになっている。悪材料が出てくると9400円台に戻される。福島第一原発の問題で不安感が強く、この問題が改善しないと上値は追えない

一部で今年の冬に計画停電の回避を目指すと報じられているが、企業への影響が懸念されているなかで、先行きが見通せたことは前進。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 復興関連の個別銘柄は活況 | トップページ | 原発の状況を睨みながらの売買動向 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/39362780

この記事へのトラックバック一覧です: 週末要因で手仕舞い売りに押される:

« 復興関連の個別銘柄は活況 | トップページ | 原発の状況を睨みながらの売買動向 »