« 終値ベースで昨年5月13日以来、1万600円台を回復 | トップページ | 3連休前に手控えムード »

SQに絡んだ先物売りと中国の利上げで下落

日経平均 10617円 -18円 出来高22億7671万株

東証1部 値上がり778 値下がり723

東京株式市場

前場の日経平均はNY株高を好感した買いが先行して1万700円台を回復したが、利上げを発
表した中国市場を警戒して伸び悩む。。春節明けの上海総合指数が下落して始まると、日経平均も下げに転じる。

後場に入ると利上げを発表した中国市場で連休明けの上海総合指数が売りに傾き、日経平均は上げ幅を縮小。明日オプションSQを前にした先物への断続的な売りに押されて下げに転じ、ザラ場中に1万600円を割り込む場面もあった。オプションSQに絡んだ先物売りが重しになった。

今後も利上げ懸念はくすぶるが、中国の景気は良くその都度で一喜一憂するような材料ではない。今後のテーマはやはりM&Aで国内では鉄鋼大手の経営統合があったが、米国でも足元ではM&A案件が目立つ。

SQに絡んだ売りも出ている。利上げをしても中国景気が減速するとは考えにくく、あまり悪材料視していない。中・長期的にみれば好材料。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« 終値ベースで昨年5月13日以来、1万600円台を回復 | トップページ | 3連休前に手控えムード »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/38802954

この記事へのトラックバック一覧です: SQに絡んだ先物売りと中国の利上げで下落:

« 終値ベースで昨年5月13日以来、1万600円台を回復 | トップページ | 3連休前に手控えムード »