« テーマ銘柄の押し目を徹底的に拾え!! | トップページ | SQに絡んだ先物売りと中国の利上げで下落 »

終値ベースで昨年5月13日以来、1万600円台を回復

日経平均 10635円 +43円 出来高21億4306万株 

東証1部 値上がり632 値下がり852

東京株式市場

前場の日経平均は前日のNY株高を好感した買いが先行した後は、高値圏でもみ合いの展開が続いた。短期的な過熱感を指摘する声もあり、利食い売りが上値を抑える。物色に手詰まり感があって、利食い売りを出して押し目を探すという流れで相場の迫力に欠ける。

後場に入ると手掛かり材料難で動意は乏しく、前場の高安値レンジ内で膠着したため、値幅は25円今年最小。利食い売りが上値を抑えられたが、国内の企業業績や米国の景気回復への期待は根強いので下値も限定的。

1月13日の高値を上回ると利益確定売りが出るが、国内の企業業績は好決算が続き、米国の景気も回復しているようで、下値では買いが入りやすい。現在の水準の売りをこなしながらジ
リ高で推移。

明日から上海市場が連休明けとなるが、利上げ懸念はあっても過度ではない。

月2回 「サークル会員専用」情報レポート配信。

個別材料株の短期売買で儲けよう!!

銘柄選択でお困りの方、投資効率を上げたい方、入会希望の方はお気軽に御連絡下さい。

 ( ↓↓ ここをクリック ↓↓ )

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P10389052

|

« テーマ銘柄の押し目を徹底的に拾え!! | トップページ | SQに絡んだ先物売りと中国の利上げで下落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509086/38790556

この記事へのトラックバック一覧です: 終値ベースで昨年5月13日以来、1万600円台を回復:

« テーマ銘柄の押し目を徹底的に拾え!! | トップページ | SQに絡んだ先物売りと中国の利上げで下落 »